LEMNISTY-レムニスティ-

鑑定のお申し込みはこちら

欽天四化とは

紫微斗数欽天四化(しびとすうきんてんしか)について

私が鑑定で使用している紫微斗数欽天四化(しびとすうきんてんしか)は、紫微斗数という占いの中の一つの流派です。 紫微斗数にはいくつかの流派があり、使用する星の数や性質、性別などが流派によって大きく異なり、見方によっては全く別の占いと思えるほどの違いがあります。

欽天四化は、1949年に少林寺の袁阿祥という先生が、台湾に来て広めたとされ、その歴史はそれほど古くありません。しかし現在、本場台湾でも使いこなせる先生はとても少なく、その習得は高等数学のように容易ではなく、大学院並みに難しいとも言われています。占いは理論(ロジック)だけで行うものではありませんが、理論を理解できていないのでは根拠のない憶測にしかなりません。

欽天四化の特徴をあげるとすれば、前世未了の因縁がわかる点だと思います。輪廻転生という仏教の考え方がありますが、魂は何度となく生まれ変わり、人は皆、何らかの人生の課題を持って生まれてくると言われています。その課題が何なのかを、欽天四化は教えてくれます。 因果応報という言葉があるように、物事にはどんなに小さなことでも原因があって初めて結果が生まれます。この考え方からすれば、この人生の課題も、前世において何らかの形で自分自身がその原因を作ってしまったということになるでしょう。さらにまた、今現在の生活においても知らないうちに何かしらの因縁を日々増産している方もいらっしゃるかもしれません。

私は、自分の人生の課題を知ることで、陥りやすい人生の傾向を知ることができると考えています。 因果応報の観点からすれば、これを全く無しにすることは残念ながら難しいかもしれません。しかし、それが何なのかを知ることで、これ以上の災いや悩みを避けることは可能だと 思っています。 更につけ加えて言えば、この課題は私たちが持って生まれてくる個性豊かな星たちの生まれ出る源(みなもと)でもあるのです。この課題を知り意識することで、持って生まれた星たちは最大限に力を発揮することができるのです。

次に特徴的なのは、六親縁です。 欽天四化では、今世ご縁のある方々が男女に分かれて鮮明に浮かび上がってきます。ご両親や兄弟姉妹、配偶者や子供、結婚後の様子はどのようなものなのか。 それらを欽天四化は教えてくれます。よく結婚する人とは前世から赤い糸で結ばれているなどと言われますが、それもあながち嘘ではないのかもしれません。 例えばご夫婦の命盤を見ると、合致する事柄がお二人ともに現れていることがあります。これこそが運命の方との結婚ということになるのでしょう。

実際、鑑定でのご相談の90%以上は人が関係するものです。恋人の気持ちや配偶者、会社や友人との人間関係、子供との問題…。仕事の悩みといっても、評価がもらえないなど、何らかの形で悩みには人が関係しています。人は人によって悩みやストレスを感じることが非常に多いのです。しかし悩みの元になる一方で、人に助けられたり、他人の評価で初めて自分の特性を知って輝くことができたり、悩みから立ち直ることもできるのです。

物理的には、誰とも関わらずたった一人で生きることは可能かもしれませんが、輝く人生を送ることはできないのではないでしょうか。そのためにも、自分に関係するご縁について知ることは、より良い人生を送る上で一つの大きな助けになり得るでしょう。

人生は、ある意味で選択の連続です。 その選択を間違えないためにも、まずはご自分を知ることが大切です。 正しい選択をした時点で、すでに開運の第一歩が始まったともいえるのです。

「自分を知る」という問いかけに対して、紫微斗数欽天四化は、今現在最も明解な答えを与えてくれるツールの一つと言ってよいでしょう。

私の鑑定事例をご紹介させて頂きます。掲載のご承諾を得られたものだけとなりますので、ご紹介事例は極端に少なくなっております。予めご承知おきください。

【欽天四化紫微斗数 鑑定事例のご紹介】

《 鑑定事例 50代男性 》

欽天四化紫微斗数で見ると、その方には、必ず男のご兄弟が、おそらく弟様がいらっしゃることがわかりました。しかも、欽天四化紫微斗数でいうところの「絶対」という確率で表れています。鑑定の中で、ご兄弟についてお聞きしたところ、妹様しかいらっしゃらないとのことで、ご家族からも何も聞いていないとのことでした。 ご相談内容はお仕事についてでしたので、本件は特に直接関係ありません。お仕事に関してご納得いただけるまで鑑定し、その日は終了しました。

私は、物事には(たとえ欽天四化であっても)絶対とか100%というものは存在しないと考えています。しかしいつにも増して、大変気になりましたので、重ねて易でも占ってみました。

そこで、出ましたのが、 山風蠱(さんぷうこ)五爻(こう) という卦です。

蠱 

漢字を見ても分かりますように、お皿の上に三匹の虫が湧いているという少し気味の悪い卦でもあります。 そして、簡単にわかりやすくお伝えするとすれば、 内部(身内)に問題がある。 先祖のやり残したことを代わりに行うと良い。 などといった意味があります。 私も直感的に先祖からのメッセージだと受け取りました。 仮にお元気であっても、ご両親は先祖の入り口です。ご両親に何か忘れているような、やり残したことがあるのだろうと感じました。

一つの占術に頼りきるのではなく、重ねて見ても、同じようなメッセージが出る時、そこには必ず何かしらの意味があると思います。そして複数の側面から探ればより真実に近づけるものと考えています。

ご相談内容とは直接関係ないことでしたが、後日、私から以下のことをお伝えしました。 男のご兄弟が、おそらく弟様がいたはずで、その方のご供養が漏れていると思います。 ご両親の代わりでも構いませんので、なるべく早い段階でご供養をされてください。 そうすることで、今悩んでいることも必ず良い方向に改善されていくと思います。

その後、お母様に改めて確認されたところ、ご本人が生まれた後に、お一人お子様を中絶されていたことがわかったそうです。今まで、特別に供養をしていなかったこともわかりましたので、ご両親と相談の上、きちんと供養してきましたとのご報告を頂戴しました。

性別は、はっきりとは確認できなかったとのことでしたが、男性だと思います。 気づくのは少し遅くはなりましたが、弟様もきっと喜んでいらっしゃると思います。 こうして鑑定でお会いできたご縁も、弟様が作ってくれたように感じ、私も何だかとても嬉しくなりました。私を通じて、ご自分の存在に気づいて欲しかったのだと思います。

ご先祖をはじめとしたご家族からの知るべきメッセージは、日常生活だけでは、なかなか受け取ることができません。そのまま埋もれて封印されてしまうことも多いのです。 必要なメッセージは、占いを通してこうした形で受け取ることもできるのです。

なお、この事例については、重複した内容となりますが、私のはてなブログの「占いからわかる封印されたメッセージ」にも掲載しています。 詳細はこちら

《 鑑定事例 40代女性 》

中学生のお嬢様の適性や、どのような分野を伸ばしたらいいかについてご相談にいらっしゃいました。お母様としては、医師や弁護士のようにスキルを持って活躍して欲しいとの希望がおありです。また他人と競争しても勝ち抜いていけるような強い女性になって欲しいともおっしゃっていました。

欽天四化紫微斗数で拝見したお嬢様は、お会いしてはいないものの、とても可愛らしい、人を惹きつける天性の能力をお持ちの方で、いわゆる桃花(とうか)でした。 桃花とは、中国語では【taohua】、タオフアと言います。芳しい香りが漂ってきそうな呼び名ですが、それもそのはずで、男女とも人を惹きつける才能をお持ちの方々のことを指します。 芸能界、ショービジネスの世界などで活躍されている方の多くはこの桃花をお持ちです。 一般大衆を強く惹きつけるのがお仕事なのですから、桃花でないと勤まらないといってもいいかもしれません。その多くは美男美女ですが、桃花とは容姿の良し悪しのことではありません。生まれながらにして人を惹きつける能力をお持ちということなのです。 そして、桃花にはレベルがあり、洪水のような桃花から、爽やかな桃花まで様々なレベルがあります。

お嬢様は、八字(四柱推命)で見ても、強さというよりは、しなやかさをお持ちの方です。人と競争するよりは、共に歩んでいくような協調性があり誰からも好かれる女性に成長されると思いました。 そして、将来の結婚相手は、経済力がありまた責任感をお持ちの素敵な男性だと、欽天四化は教えてくれています。

重ねて、タロットカードで現在のお嬢様の深層心理を見たところ、お母様からの干渉を少しうるさく感じているようでした。欽天四化で見ても、今後母娘間での意見の相違などが発生する可能性が高いように感じました。

複数の占術を重ねて拝見しても、残念ながら、お母様のご希望とお嬢様の特性は一致していません。人にはそれぞれ向き不向きがあります。それを早く知って伸ばしてあげることこそがお子様にとっての最強のサポートになると思います。

私からは、お嬢様の特性を丁寧にご説明した上で、自分のやりたいことをさせること、やりたいことがはっきりしていないのであれば、色々なものを見せて体験させてあげること、その上でお嬢様が選んだものに対してサポートしていくと母娘関係も良好になるでしょうとお伝えしました。

私の鑑定では、欽天四化紫微斗数をベースに複数の占術を必要に応じて使っていきます。 一つの占術に頼りきることはしていません。その方が、より真実にたどり着けると考えているからです。

桃花については、私のはてなブログ「モテる人」でもご紹介しています。 詳細はこちら

070-4342-7433

電話受付 10〜18時
鑑定及びクラス中は、お電話に出られない事もございます。

ページトップへ